大事な歯を守る

歯は丈夫に作られていますが、しっかりとケアをしていかないと様々なトラブルが発生しています。歯のトラブルとしてよく知られるものに「歯周病」があるでしょう。歯周病は主に歯ぐきの病気となっており、歯肉炎や歯周病の症状が現れます。日本では成人している人の多くが歯周病になっているとのデータもあるので、歯周病について理解していくと良いですよ。ここでは、歯周病の危険性や治療について紹介しています。

【歯肉炎・歯周炎】症状の違いとは?

歯肉炎

歯周病の症状は主に「歯肉炎」と「歯周炎」のステージに分かれています。歯茎が炎症を起こしてしまうのが歯肉炎です。歯茎の腫れや歯磨きの際に出血することがあるでしょう。歯肉炎の段階できちんと歯磨きをすることで、治すことが出来ますよ。

歯周炎

一方で、歯茎のみならず顎にの骨にまで症状が発生している状態を、歯周炎と呼んでいます。歯肉炎の症状と合わせて歯が長く見える、膿が出る、口臭がするなどの症状が見られるでしょう。歯周炎の症状が出たら、早めに歯科医院に行くことです。

[PR]
練馬区の歯科でお口トラブルを解消
日曜日でも診療を対応

歯周病ってどんな病気?歯を守るためにチェックしよう

院内

歯周病の恐ろしさ

細菌の感染が原因で発生する炎症性疾患が、歯周病となります。初期の段階では症状に気が付かないことが多いので、そのまま放置してしまうのが歯周病の厄介なところと言えます。歯周病の症状が進行してしまうと、最終的に歯が抜け落ちてしまうことも珍しくないので注意しましょう。そのため、歯周病の症状を把握してデンタルケアと口腔内の状態をチェックすることが大事ですよ。歯茎の腫れや出血などが発生したら、歯周病を疑ってケアをしていくことです。

男性

早めに治療を受けよう

歯周病の症状に悩まされないためにも、早めに治療を受けるのが重要と言えます。初期の段階だと、正しく歯を磨くことで症状が改善する場合もあります。症状が進行してしまうとレーザー治療や外科治療が必要になり、費用の面でも苦しい思いをしてしまいます。なお、中には歯科医院の治療が苦手だと感じる人もいるでしょう。そのような人は歯周病でも無痛治療を受けることが出来るのでおすすめですよ。無痛治療なども駆使して、確実に歯周病を治していきましょう。

無痛治療の流れをチェック!

レディ

治療前に体調確認

無痛治療の種類である「静脈内鎮静法」の流れを紹介します。歯周病の治療にもおすすめなのでチェックすると良いですよ。静脈内鎮静法をする場合、まずは治療前に体調の確認をします。問題なく治療を受けられるか答えましょう。なお、体調がすぐれない場合は必ず相談することです。

点滴をする

特に体調面で問題が無かったら、そのまま治療のために必要な点滴を開始します。この点滴によって、麻酔が効いてくるでしょう。徐々に麻酔が効いてくるので、リラックスした状態で点滴が終わるのを待つことです。

治療スタート

点滴で麻酔が効いていることが分かったら、いよいよ治療を開始していきます。麻酔によって寝ているような状態となっているので、機械の音や痛みを意識せずに治療を受けることが出来ますよ。静脈内鎮静法は、基本的に治療があっという間に終わってしまうので安心です。

治療終了

麻酔が効いている間に歯周病などの治療をします。治療が終わった後は意識がはっきりしていないので、きちんと意識が戻るまで休憩することが出来ます。回復したら、治療後の説明やお会計をして終了となります。治療に少しでも不安や恐怖を感じている場合は、無痛治療である静脈内鎮静法を実施しましょう。

[PR]
川口で歯医者を受診!
歯のトラブルをスピード解決☆

[PR]
西宮でインプラント治療
天然歯と変わらない使用感に感動の嵐

広告募集中